BANSHAKUオンラインショップはコチラから

【奈良県/奥大和ビール】 -スパイスカレーとの相性抜群!ハーバルクラフトビールって?

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

奈良県の南東部に位置する奥大和地域。
ここでは古代より多くの資源が存在し、ハーブやスパイスの起源としてもよく知られている。

この資源をよく生かしたクラフトビールを造るのが”奥大和ビール”だ。ここでは奥大和ビールの成り立ちや、おすすめのビールなどについて代表の米田さんにお話を聞いていく。

今回の登場人物

BANSHAKU編集部戸川(以下、BANSHAKU戸川)
編集部随一の音楽通。趣味は音楽とお酒、AirPodsとは親友であり渋谷のタワレコに頻繁に出没する。

奥大和ビール 代表 米田さん
薬草の町で生まれ育った、元ミュージシャンにしてメディカルハーブコーディネーターの資格を持つ異色の醸造家。

  1. 奥大和ビールの成り立ち
  2. 米田さんおすすめのビール

奥大和ビールの成り立ち

まずは事業を起こしたきっかけを教えてください。

私は17歳の頃に東京に上京してから20年間、ミュージシャンとして活動しておりました。家族ができ、子供たちも大きくなるにつれて新しいことをやりたいという想いも芽生え始めたのです。それから新しい環境で子供たちをのびのび育てたいという想いから、3年前に地元の奈良県に戻ってきました。

元々モノづくりは好きだったのですが、奈良に戻ってからクラフトビールブームという背景もあり、ビール醸造の免許緩和がタイミングよく重なり、ビール造りに挑戦しようと思いました。

▶︎取材を受けていただいた、奥大和ビール 代表 米田さん

ミュージシャンをされていたのですね。続きもお聞かせください。

私は東京にいるときにハーブの資格を取っていましたのでこれをビール造りにも生かして、”ハーバルクラフトビール”というジャンルで勝負しようと決めました。

私の地元、奈良県宇陀市は薬草の街でもありますので街のPRにも繋がるし、特産品の果物も使ってビールを造れるといいなと思ったのです。

この3年の間で15種類のビアスタイルを造っております。そのうち定番商品が3つあるのですが、1つのビールにハーブを4〜5種類ブレンドしています。地元産のものから自家製のハーブまで、基本的には無農薬やオーガニックのハーブを使うよう心がけておりますね。

タップルームでは何種類のビールが楽しめるのですか。

醸造所に併設されたタップルームが本店になりまして、2店舗目を今年の6月にオープンしました。2店舗とも常時8タップは繋がっています。

▶︎タップルーム店内様子①
▶︎タップルーム店内様子②

米田さんおすすめのビール

米田さんおすすめのビールを教えてください。

まずは”スパイスダーク”というビールです。スタイルはスタウトになります。昨年の10月にインターナショナルビアカップ(クラフトビールの品評会)で金賞をいただいた商品であり、コアなお客様に人気があるビールです。

スタウトは苦手という方も多いと思いますが、スパイスダークは他のスタウトと比較して甘ったるさがなく、スパイスもしっかり効いてるビールで人気の商品の1つですね。

カレーに使われているローズマリー、カルダモン、リコリス、ブラックペッパーといった少しクセのある香りを入れています。焙煎された麦芽とハーブ、スパイス類が混ざり合うことによって、深みのある味わいになっているのが特徴的です。ローズマリーとカルダモンの香りはビールを飲む前にも感じられてすっきりした飲みやすさがありつつ、焙煎された麦芽の香りと味わいが残るビールになります。

▶︎スパイスダーク

また、”ハーバルエール”というセゾンスタイルのビールもおすすめになります。こちらも大人気の商品でしてオレンジピール、コリアンダー、ナツメグ、ローズヒップ、レモングラスをブレンドしたビールです。ローズヒップやレモングラスを使っているので、爽快感のあるフレーバーと香りがして万人受けされるビールになりますね。

▶︎ハーバルエール

ビールに合わせたおすすめのフードペアリングはございますか。

スパイスダーク、ハーバルエールに限らず全商品おすすめなのはカレーになります。スパイスカレーとは抜群に相性がいいです。タップルームでもランチにはスパイスカレーを出しており好評です。

最後に読者にメッセージをお願いします。

ハーブとスパイスをブレンドしたビールは飲みやすさがあるだけではなく、ビタミンなど様々な栄養素も含まれています。これからも健康志向のビールを造っていきたいですね。

Director’s Voice

近年、クラフトビールブームでブルワリーが増えた中で奥大和ビールさんのような明確なコンセプトがあると、一般のお客さんにも伝わりやすいだろう。ハーブとスパイスはビールが得意ではない方にも手に取りやすい設計になっている。今後の新商品情報は公式サイトなどから、チェックしていきたい。
text:Junki Tada

奥大和ビールについて

奈良県にある他のブルワリーは..

BANSHAKUについて

  • 公式オンラインショップ
    取材先のビールを販売しているオンラインショップ
  • 公式Twitter
    BANSHAKUの新着記事情報だけではなく、新発売のお酒やおつまみ、イベント情報など時事ネタが多め。
  • 公式Instagram
    BANSHAKU編集部による今日の晩酌投稿だけではなく、フォロワーさんの晩酌投稿のレビューをしています。最近は直営店舗の情報発信も。
  • 公式LINE
    BANSHAKUの新着記事が公開された瞬間にLINE通知がきます。他にも非公開情報の発信に使っているのでBANSHAKUマニアにおすすめ。
  • 公式YouTube
    なるべく3分間に動画が収まるように頑張っている簡単おつまみレシピ動画集です。

おすすめ記事

友だち追加