BANSHAKUオンラインショップはコチラから

【和歌山県 / オリゼーブルーイング】 -麦麹を使ったクラフトビール!?”オリゼーブルーイング”木下さんを取材しました

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

BANSHAKU編集部は日本全国各地のブルワリーを探索する中、またしても面白いブルワリーを見つけてしまいました。それは今回ご紹介する”オリゼーブルーイング”。

麹を主原料としたビールを製造する世界初のブルワリーです。ブルワリー誕生の背景からビールまで代表の木下さんにお話をお聞きしました。

今回の登場人物

BANSHAKU編集部戸川(以下、BANSHAKU戸川)
編集部随一の音楽通。趣味は音楽とお酒、AirPodsとは親友であり渋谷のタワレコに頻繁に出没する。

オリゼーブルーイング 代表取締役 木下さん
麹と細野晴臣を愛する元ベーシスト。最近はアナログシンセで遊ぶのが趣味。

  1. オリゼーブルーイング誕生の道のり
  2. 麦麹を使ったクラフトビールとは

オリゼーブルーイング誕生の道のり

まずはクラフトビールを造り始めるまでの経緯を教えてください。

少し長くなってしまうのですが、私は大学を卒業してから和歌山県湯浅町にある醤油屋に勤めていました。当時はバンド活動もしており、デビューを夢見て2、3年ほど働いてから上京したのです。吉祥寺を中心に活動をしてデビュー手前までいきましたが結局は夢叶わず、音楽活動を辞めました。

それから私の嫁(当時の彼女)が熊本におりまして、都会に疲れていたこともあり熊本へ行きました。熊本では味噌や甘酒を造る会社に就職し麹のことを詳しく学びました。九州には”麦味噌”と言う文化があるのですが、ここで初めて”麦麹”と出会ったのです。しばらく味噌と甘酒を造る経験を積んでいたのですが、製造の際に廃棄してしまう甘酒が多いときには1日に数十リットルほど発生してしまい、もったいない、何かに利用できないかと感じるようになりました。

その後、福岡の造り酒屋に転職したのですが、分析作業中にアルコール5%ほどの清酒モロミを濾過すると飲みやすくなることに気づき、甘酒をろ過して酵母を入れてみると面白いんじゃないかと思ったことがきっかけの1つです。それからお酒造りの事業を起こすために今から7年前に和歌山県へ戻りました。

和歌山では初めに甘酒を濾過した”ニンジャエナジー”という商品をインターネット上で販売する事業をおこないました。その後、コンブチャ(紅茶キノコ)事業もスタートし、ビール造りをおこなうための事業資金を貯め、昨年ようやくクラフトビール事業(発泡酒)を開始できるようになりました。

▶︎取材を受けていただいた、オリゼーブルーイング 代表取締役 木下さん

麦麹を使ったクラフトビールとは

クラフトビールはどのように造り始めたのですか。

実際にレシピ作成自体は3年ほど費やしました。ビールの元となる甘酒の試作を造っていたのですがなかなかうまくいかず、特に麦麹を使った甘酒が非常に難しかったです。

それまでは味噌の麦麹を使っていたのですがえぐみが出てしまい、満足することができませんでした。しかしやっと九州で、とある品種の麦を見つけまして『これいけるな』と感じ、いろいろと苦戦しながらも商品を開発することができました。

▶︎作業中の様子

紆余曲折があって今に至るのですね。ビールについて教えてください。

現在は3種類のビールを造っています。まずは”ORYZAE PALE ALE”から紹介します。主原料が麦麹で、掛け合わせている原料も麦で造ったビールになります。麦芽のビールとは異なり甘酒を手作業で搾る作業をおこない、麦汁を取り出しています。

味わいとしては麦麹とホップの香りが合わさった、ちょっと複雑な香りになるのですが、お客様からは『とてもフルーティーだね』とおっしゃっていただいています。味はアミノ酸やグルタミン酸の旨味成分があるので、味噌汁等と共通項のある複雑なビールですね。

▶︎ORYZAE PALE ALE

次に、”JAPANESE WHITE No.9”に関しては、米麴を使っているビールです。清酒に近い原料や清酒酵母を使うことで味わいが白のスパークリングワインのように感じます。

▶︎JAPANESE WHITE No.9

また、お客様から『もっと苦いビールがほしい』とご意見をいただき、”ORYZAE IPA”を造りました。JAPANESE WHITE No.9と比べていただくと、米汁は全く同じ製法で造っているのですが、ビール酵母とホップはドライホップで仕上げているので全くキャラクターが違います。爽快でパイナップルのような香りがするスカッとしたビールになります。

▶︎ORYZAE IPA

ビールに合わせたフードペアリングのおすすめはありますか。

ORYZAE PALE ALE はアミノ酸やグルタミン酸があるので、揚げ物やお肉料理と合わせるのがおすすめです。JAPANESE WHITE No.9 はお刺身がおすすめです、淡白な味わいを邪魔しません。ORYZAE IPA はハンバーガーと合わせるのがおすすめですね。

最後にメッセージをお願いします。

一般的なクラフトビールとはだいぶ毛色が違いますが、麴を使った新しいスタイルをお届けしたいなと思っています。副原料として麹を使うビールは数社ほど出始めていますが、麹だけで出来上がったビールで『これがジャパニーズスタイルのビールですよ』と自慢できるビールを造りたいです。

Director’s Voice

通常のビールは麦芽、ホップ、酵母、水で造るのが基本である中、麦芽を使用していないブルワリーとしてオリゼーブルーイング独自のクラフトビールを生み出し続けているのは、非常にCRAFTを感じるブルワリーでした。チャレンジングな商品開発を今後も応援していきたいです。
text:Junki Tada

オリゼーブルーイングについて

和歌山県にある他のブルワリーの記事は..

BANSHAKUについて

  • 公式オンラインショップ
    取材先のビールを販売しているオンラインショップ
  • 公式Twitter
    BANSHAKUの新着記事情報だけではなく、新発売のお酒やおつまみ、イベント情報など時事ネタが多め。
  • 公式Instagram
    BANSHAKU編集部による今日の晩酌投稿だけではなく、フォロワーさんの晩酌投稿のレビューをしています。最近は直営店舗の情報発信も。
  • 公式LINE
    BANSHAKUの新着記事が公開された瞬間にLINE通知がきます。他にも非公開情報の発信に使っているのでBANSHAKUマニアにおすすめ。
  • 公式YouTube
    なるべく3分間に動画が収まるように頑張っている簡単おつまみレシピ動画集です。

おすすめ記事

友だち追加