BANSHAKUオンラインショップはコチラから

【RISE & WIN Brewing Co. / 徳島県】 -国内有数!ゼロ・ウェイスト活動に取り組むクラフトビールとは。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

徳島県・上勝町。ここにはゼロ・ウェイストなクラフトビールに挑む、RISE & WIN Brewing Co.があります。国内でも珍しい、この取り組みを始めるきっかけとなったことやおすすめのビールなど、本日は池添さんにお話を聞いてきました。

今回の登場人物

BANSHAKU編集部戸川(以下、BANSHAKU戸川)
編集部随一の音楽通。趣味は音楽とお酒、AirPodsとは親友であり渋谷のタワレコに頻繁に出没する。

株式会社スペック クラフトビール事業部 RISE & WIN Brewing セールスマネージャー、PR担当 池添さん(以下、池添さん)
徳島生まれの三重育ち。運営会社の(株)スペックにて衛生コンサル業務を担当。ビール事業部立ち上げに伴い、営業と広報の責任者に。2年前に妻と子供二人で上勝町に移住。バーガーとサウナを愛する37歳。

  1. 食品の検査会社がクラフトビール事業に踏み込んだワケ
  2. 池添さんおすすめのビールとは

食品の検査会社がクラフトビール事業に踏み込んだワケ

まずは会社紹介をお願いします。

株式会社スペックは創業50年の会社になりまして、クラフトビール事業部のRISE & WIN Brewingは今年で6周年になります。私はビール事業部立ち上げからRISE & WIN Brewingに配属されています。

取材に対応していただいた池添さん(提供:RISE & WIN Brewing Co.)

クラフトビール事業を始めたきっかけを教えてください。

株式会社スペックは徳島市内にある検査会社で、食品や水、土壌や農薬、臨床系の検査をおこなっています。検査業界が衰退している中、12〜13年ほど前に「地域に寄り添った活動をしよう」という考えのもと、検査技術を活用し、地元生産者さんの商品開発のサポートや、ビーチクリーンといったボランティア活動など積極的にやっていました。

そんな中、当時人口2000人ほどだった上勝町の町長さんから「なにか面白い企業と地域おこしをしたい。一緒にやってくれませんか」と、声をかけていただきました。

なにかできないかと模索している中、「弊社の代表が、上勝町が取り組んでいるゼロ・ウェイスト活動(ゴミを出さない社会を目指す活動のこと)こそが地域活性の起爆剤になるのではと考え、国内外の人たちを上勝に呼び寄せるきっかけになるのではないか」と考えました。

また、ちょうどその頃アメリカのオレゴン州ポートランドを視察していて、現地の方がビールサーバーからグラウラーにビールを注いで持ち帰る文化を目の当たりにして「これはゼロ・ウェイスト活動に繋がる」と感じたのです。

自分が必要な分だけビールを量り買うことで、パッケージやゴミの問題も発生せず、上勝町にも合うのではないかなと思い、ビール事業をやるきっかけとなりました。

RISE & WIN Brewing Co. BBQ & General Store外観(提供:RISE & WIN Brewing Co.)

池添さんオススメのビールとは

ビール造りはどのようにして学ばれたのですか。

ビール造りができる人を探して、弊社代表の繋がりからニューヨークのブルワリーに勤めた経験があるライアン・ジョーンズ氏を紹介していただきました。彼は大学でも醸造学を学んでいて、ブリューイングディレクターとして弊社に協力してくれています。ライアン氏以外にも愛媛県の梅錦ビールさんや茨城県の常陸野ネストビールさんなどからもアドバイスやサポートをしていただきました。

現在のビールになるまで試行錯誤を繰り返し、満足いくまでには5年ほどかかりました。ビールを造る上でストーリーやコンセプトも必要ですが、美味しいビールでなくては元も子もないと思います。お客様から「当時と比べて最近は美味しくなった」とおっしゃっていただいて、自信をもってビールの提供ができるようになったと思います。

醸造設備(提供:RISE & WIN Brewing Co.)

池添さんおすすめのビールを教えていただけますか。

まずおすすめしたいのは、私たちのフラッグシップビールにもなっている「MORNING SUMMER」です。ビアスタイルはニューイングランドIPAでして、私たち上勝町の特産品である「柚香(ゆこう)」というフルーツの果汁を使っているビールになります。

柚香は上勝町をはじめ徳島県が全国生産量の99%を占めるフルーツで、柚子と橙(だいだい)という2種類のフルーツが自然勾配でできています。私たちは町の特産品である柚香の果汁をふんだんにビールに使い、後味スッキリでフルーティーに仕上げました。造り始めたときから大人気の商品になりますね。

MORNING SUMMER(提供:RISE & WIN Brewing Co.)

次に紹介したいのは「MORNING SAUNNER」というビールです。MORNING SUMMERと商品名が似ていますが全く関係なく、サウナが大好きな「サウナ―」の方に向けて造ったビールです。

RISE&WINメンバーもサウナが大好きで、「サウナあがりに飲むビールがいいのではないか」ということで、徳島の海から自分たちで海水を汲んで海塩を精製し、愛媛産のレモンを使った塩レモンラガーを醸造しました。スッキリ感を重視していますが、塩のミネラル感がサウナ後の身体の疲れを癒してくれます。食事にも合わせやすいビールですね。

MORNING SAUNNER(提供:RISE & WIN Brewing Co.)

おすすめのフードペアリングはございますか。

MORNING SUMMERに合うのはグリルチキンやポークリブなどの脂っこいものです。ニューイングランドIPAの味わいにガツンとしたお肉の感じが合うのではないでしょうか。

MORNING SAUNNERはスッキリしているビールなので、唐揚げやポテトが合いますね。唐揚げやポテトにはレモンを搾りますがその感覚で合いますね。

最後にメッセージをお願いします。

クラフトビールは自由でカジュアルなところも魅力の一つだと思うので、廃棄対象になってしまう原料をビールに使うなどしていますが、あまり難しく考えずソーシャルグットな気づきをご提供できたらと思っています。うちのビールを飲んでいただき、上勝町に気軽に来て楽しんでもらえたらなと思います。

Director’s Voice

昨今、「サスティナブル」や「SDGs」という単語がニュースなどでも浸透し、以前と比べて生産者や消費者の行動・考え方に変化があるとも言われています。ゼロ・ウェイスト活動に関しても文脈としては近く、これに関して何年も前から着眼点を置いていたことに驚きました。気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。
Text:Junki Tada

RISE & WIN Brewing Co.について

  • 住所:徳島県勝浦郡上勝町大字正木字平間 237-2
  • 連絡先:0885-45-0688
  • 公式サイト

おすすめ記事

友だち追加