BANSHAKUオンラインショップはコチラから

缶詰のイメージを酒の肴に。 −”K&K缶つま”が展開する缶詰の仕掛けとは

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

『肴で、酒はうまくなる。』をコンセプトに厳選された食材を使ったお酒のおつまみを缶詰で製造している『K&K缶つま』。これまでの「缶詰=保存食」という固定概念を打ち破り世の中に缶詰の新しい価値提供を行っています。本日は、K&K缶つまブランドのマーケティング担当青木さん、広報担当柚木さんにお話をお伺いしました。

K&K缶つまブランド10周年!これまでの歩み

−国分グループ本社さんでは『”食”の未来をつくる。』ということを掲げていらっしゃるかと思いますが、人気の『K& K缶つま』ブランドができた経緯を教えてください。

はい。缶詰は安価品というイメージが根付いているところに、2007年、1個あたり500円以上する高級路線の缶詰を造ったのです。ただ、想定していたよりも市場認知を獲得することができておりませんでした。

どのように販売していけば良いのかを模索する中で、当時の開発担当者が2009年に世界文化社さんから発売された「うまカンタン! 缶詰で作る酒のおつまみ 缶つま」という本を目にして「缶つま」という単語に着目したのです。

当時はまだ高級路線の缶詰のブランド名が缶つまではなかったのですが、「お酒のおつまみ」として、価値訴求できないかと考え、調査したところ家飲み需要は潜在的に高いということがあり、2010年にブランド名を『K&K缶つま』に変えて販売することにしました。ブランド名をK&K缶つまに変更してから市場が開拓されはじめ販売状況も良好に転じていきました。

世界文化社発売「うまカンタン! 缶詰で作る酒のおつまみ 缶つま」

−缶つまが2010年に誕生されてから今年は10周年となるのですね。10周年記念を祝したイベント等は行われるのでしょうか。

人気上位3アイテムである「広島県産 かき 燻製油漬け」、「日本海近海獲り オイルサーディン」、「北海道・噴火湾産 ほたて 燻製油漬け」を今年の8月中旬頃から自然切り替えで12月までの期間限定で10周年記念パッケージにて販売を行います。また、8月以降に全国の主要都市にてキッチンカーを走らせて、缶つまの販売等を予定しております。

人気の商品ラインナップとは

−人気上位3アイテムはどのような商品なのでしょうか。

前提として、『肴で、酒はうまくなる。』をブランドステートメントとして商品開発をしています。缶つまはお酒に合う厳選された素材や、素材を生かした製法、メニューづくりにこだわり続けているのです。

その上で個別の商品特徴をお伝えすると、広島県産 かき 燻製油漬けは、広島県海域で育ったかきのむき身を使用しています。桜のチップで燻製にし、引き出した旨みを藻塩で仕上げた一品となっています。

【広島県産 かき 燻製油漬け】

日本海近海獲り オイルサーディンは、日本近海で獲れた新鮮ないわしを使用しており、塩とエキストラバージンオリーブオイルで仕上げた一品です。

【日本海近海獲り オイルサーディン】

北海道・噴火湾産 ほたて 燻製油漬けは、北海道噴火湾で獲れたほたてのむき身を使用し、桜のチップで燻製にして旨みをオホーツクの塩で仕上げています。

【北海道・噴火湾産 ほたて 燻製油漬け】

3つの商品はK&K缶つまブランドとして売り始めた時からラインナップとして存在する商品であり、根強い人気を誇っています。3つの商品の他にK&K缶つまSmokeというシリーズもあり、『缶つま Smoke 鮭ハラス』も同様に人気です。

缶つま Smoke 鮭ハラスは、鮭の一番脂の乗った「ハラス」だけを集め、桜のチップでじっくりと香ばしく燻製した本格的な一品です。燻製の香りとハラスの旨みをお楽しみください。

【缶つま Smoke 鮭ハラス】

−ありがとうございます。缶つまといえば「K&K缶つま」のイメージが強いですが、他競合商品と比較した時の強みを教えてください。

素材にこだわることを第一に考えています。弊社の缶つまは製造過程で調味した味ではなく、素材そのものの美味しさを伝えたいという想いをこだわりとして造っています。現在は全アイテムで70種類ほどありまして、晩酌のおつまみとして家飲みやパーティー、贈答品、アウトドアシーンなど様々な場面で、楽しんでいただけます。

−晩酌のおつまみ、ということでしたが商品に合うオススメのお酒を教えてください。

商品の一部ではありますが、弊社では以下のようにペアリングを薦めています。店頭で商品パッケージをご覧いただき、「今日はこれを飲もう!」と考えるのもおもしろいかもしれません。

※以下オススメ度合いを★で表しています。★の最大値が5であり★が多いほどお酒に合います。

『広島県産 かき 燻製油漬け』

・ビール  :★★★★

・白ワイン :★★★★★

・ウイスキー:★★★★★

『日本海近海獲り オイルサーディン』

・日本酒  :★★★

・白ワイン :★★★★★

・ウイスキー:★★★

『北海道・噴火湾産 ほたて 燻製油漬け』

・日本酒  :★★★★

・白ワイン :★★★★

・ウイスキー:★★★★★

『鮭ハラス Smoke』

・ビール  :★★★★★

・白ワイン :★★★★

・ウイスキー:★★★★★

アレンジレシピでさらに美味しくできる

−HP『缶つま倶楽部』ではという缶つまを使ったレシピの紹介もされていらっしゃるんですね。

缶つま倶楽部では一般のお客様から送っていただいたアレンジレシピを掲載しています。ありがたいことに、お客様からたくさんのアレンジレシピが送られてきている状況です。アレンジレシピは「帆立バター醤油和え」のような、それほど手を加えず手軽にできるものも良いと思っています。

また、アレンジに付随して缶詰のお肉などは温めてから食べていただく方がより美味しく楽しめるものがあります。パッケージには「湯煎専用」や「湯煎しておいしい」と記載させていただいているものがございます。直火は危険ですので絶対に行わないでください。パッケージには商品の特徴など書いてありますので、パッケージにも注目いただけると嬉しいです。

【缶つま倶楽部HPではアレンジレシピを紹介している】

編集後記

商品パッケージやお客さんが楽しめるレシピサイトなど面白い仕掛けを展開する『K&K缶つま』。家飲みが浸透してきた今、アウトドアシーンにも進出していこうと考えているようです。『缶つま倶楽部』のHP内でも特設サイトが出来ているとのこと。今日の晩酌のお供に缶つまを楽しまれるのはいかがでしょうか。

取材にご協力いただいたK&K缶つまの情報はこちら

おつまみに関連する他の記事は..

BANSHAKU編集部について

おすすめ記事

友だち追加