BANSHAKUオンラインショップはコチラから

「ビールとともに、激辛しゅうまいが最高です」 −創業40年で培った手作りのお肉が絶品。”ミートショップ伊藤”が下町愛に溢れるお店だった。

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

京王線下高井戸駅を降りてすぐの下高井戸駅前市場、その裏通りにミートショップ伊藤は店を構えています。創業から40年、地元の方に愛される精肉店は、初めて訪れる方にも我が家に帰ってきたときののようにあたたかく迎えてくれます。

  1. ”ミートショップ伊藤”創業から現在まで

  2. 全て国産の牛、豚を使った一品

  3. 他のお店が真似できないこだわりの手作り

”ミートショップ伊藤”創業から現在まで

−本日はよろしくお願いします。早速ですが、先ほどお店の前に来た時に、しゅうまいの美味しそうな良い匂いが来てましたよ。

そうでしたか。手作りで作ってるんで、しゅうまいなんかは結構皆さんご利用いただいていて、酒のつまみでもいいですし、ご飯のおかずにでもいいですし、喜んでもらってますかね。この辺はあまり来たことないですか?

−恥ずかしながら初めて来ました。

このあたりは下町みたいな感じなとこですよね。

−来られる方はこの辺の方が多いですか。

この辺の方、はいそうですね。あとは下高井戸へ来たら駅からお店まですぐ近いので、京王沿線で八王子の方からもお越しになったりとか、浜田山の方からも来てますよね。

−京王沿線の方が来られるということは、あと少しくらいしたらお店が混んじゃいますね。(この日の取材が16時頃)

はい。でる時はさっと出ちゃうんですよね。

−創業からどのくらい経つんですか。

もう40年ぐらい経ちますね。27歳の時に独立して、今68歳になりました。
そうだね。この子が保育園に行ってた時だから。そこから後継いでみたいな。

昔は豚の場合だと、骨を月の豚を吊るして解体するんですよ。みんなそうやって解体していたんですよ。今はそこまで行わないのでお店にあるのはこの機械ですね。

−最初からここの下高井戸のお店なのですか。

最初は北烏山の方でした。一番最初はそこに私たちが介入したんですね。それで4年間そこにいて、それで色々配達とかでこのあたりも来ていて、いつも「いいよねあの商店街」って言っていたんです。それでここを見つけて、そこから始めてそれで36年です。全部で40年ですね。

−ご家族のみなさんで経営されているんですね。

そうですね、家族でやっています。

全て国産の牛、豚を使った一品

−しゅうまい含めて商品は全てここで作られているんですか。

そうですね。最初はジャンボしゅうまいとかミニしゅうまい、黒豚しゅうまいの3種類しかなかったんですけど、今は日替わりでいろいろやってますね。例えば、激辛とかほたて、かに、えび、あさり、枝豆、コーン、全部で10種類くらいありますね。

お酒と一緒に食べるなら絶対激辛しゅうまいですよ。そんなに辛くないんですよね。昨日もうちの、中学1年生の子どもが食べていて、そんなに辛くないです。つまみには最高にいいですね。とってもビールと合いますよ。

−しゅうまいだけじゃなくてローストビーフもおすすめと聞きました。

ローストビーフは今日もう売り切れちゃった。たまに本物だと思ってこの食品サンプルを持ってっちゃう人もいるくらいですよ(笑)

年末には商店街でスタンプリレーをやってるんですね。スタンプを貯めて貯まるといろんなものと交換できるんです。「うちはローストビーフを交換しますよ」ってことをしていて数に限りがあるんですけど好評ですぐストップになっちゃいます。ローストビーフももちろんお酒に合いますよ。赤ワインとかね。

うちは新鮮なものしか提供してないんで。スーパーなんかでもローストビーフって売ってるけど、やっぱり肉が違いますよね。

−僕もローストビーフ好きで食べるんですけど、今食べてみて違いますね。

他にはハンバーグも手作りなんですよ。ちょっといい肉を使ってるんで、酒のつまみなんかにもいいですよね。

−お肉はどこ産なのですか。

常陸牛がはいってたりとか、仕入れの時に色々変わるんですけど、ほとんど国産の牛ですからね、輸入牛は扱っていないんで。豚は黒豚も売っています。

他のお店が真似できないこだわりの手作り

−商品は何種類くらいあるのですか。

惣菜とお肉とかで50種類以上あるかな。しゅうまいもそうだし、焼き豚もそうだし出てるもの全部お店で作っているものなんですよ。普通のお店だとポテトサラダとか、惣菜は作らないじゃないですか。

でもうちのポテトサラダはちゃんとじゃがいもから茹でて、お店で作ってるんですよね。だから一度味を知っていただけると、こんな裏通りでも40年続けられる。そこは強みだと思いますよ。

そんなに気取っている街でもないし、値段的にはそんなに高くなくても、本格的なそこの店だけの味が食べられるってことでね。他には真似できないと思っていますよ。

編集後記

ミートショップ伊藤に来て一番感じたのは圧倒的アットホーム感でした。私は北海道出身であり、地元の小さなジンギスカンや合鴨の販売店が大好きなのだが、良い意味で東京の都会っぽくない、優しさや馴染み、親しみを感じました。

今日ご紹介させていただいた、ミートショップ伊藤さんの情報はこちら

  • 店舗名:ミートショップ伊藤
  • 住所 : 〒156-0043 東京都世田谷区松原3-42-1
  • TEL : 03-3324-6130
  • 営業時間 : 10時~18時(土、祝日定休)

おつまみに関連する他の記事..

BANSHAKU編集部について

おすすめ記事

友だち追加