家飲み用燻製レシピ。〜燻製サーモンハラス編〜【簡単おつまみ#4】

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

みなさんこんにちは、BANSHAKU編集部多田です。今回はおつまみを作ろうと思い、自作した燻製器を使って燻製サーモンハラスを作ってみることにしました。燻製時間は50度で120分くらいです。使う食材や道具が少ない燻製サーモンハラスは手軽に作れる燻製食品としておすすめです。今回は燻製サーモンハラスに合わせて黒ビールを飲んで優勝しました。

※前回行った燻製ベーコンの作り方はこちら

今回の登場人物

BANSHAKU編集部多田(以下、BANSHAKU多田)
好きなお酒はビール(セゾンスタイル)
最近、自宅居酒屋化計画を実行中。詳細は謎に包まれている。

  1. 燻製サーモンハラスに使用した食材
  2. 燻製サーモンハラスに使用した道具
  3. 燻製サーモンハラスの作り方手順
  4. まとめ

燻製サーモンハラスに使用した食材

・サーモンハラス222g:350円
・塩9g(サーモンに対して4%):10円
・胡椒適量:5円

合計365円(税込)

燻製サーモンハラスに使用した道具

・自作の燻製器:1台
・キッチンペーパー:5枚
・スモークウッドブレンド:燻製2時間分

燻製サーモンハラスの作り方手順

①まずは下準備です。サーモンの水抜きをしていきます。サーモン全体に馴染むように塩と胡椒をまぶしていきましょう。塩と胡椒が全体に馴染んだらキッチンペーパーで包みます。キッチンペーパーに包み終わったら冷蔵庫で30分寝かせます。

②30分経ったら今度は塩抜きを行います。水を張ったボウルにサーモンを入れて10分の塩抜きを3回繰り返しましょう。塩抜きが終わったらサーモンについた水分を拭き取ります。キッチンペーパーに包んで冷蔵庫で半日寝かせましょう。これで下準備は完了です。

③冷蔵庫で寝かせてから半日経過すると、サーモンの表面がいい感じになります。今回使うのはスモークウッドブレンドです。スモークウッドは直接火をつけます。熱源は必要ありません。今回は50度で120分燻製していきます。

④120分間の燻製が終わったら、最後に3時間ほど冷蔵庫で休ませて完成です。ハラスには結構脂が乗っているのでレモンを絞ってかけるのもおすすめだと思います。

まとめ

今回はこれまでの燻製食品作りの反省点を生かすことができたのでサーモンの水抜き・塩抜きがうまくできました。加工食品を作る際は基本となる水抜き・塩抜き、乾燥工程。もっと磨きをかけていきたいです。

今後も「こんなおつまみを作って欲しい」など要望がありましたら下記SNSよりお知らせください。フォローもよろしくお願いいたします!

公式オンラインショップ
取材先のビールを販売しているオンラインショップ

公式Twitter
BANSHAKUの新着記事情報だけではなく、新発売のお酒やおつまみ、イベント情報など時事ネタが多め。

公式Instagram
BANSHAKU編集部による今日の晩酌投稿だけではなく、フォロワーさんの晩酌投稿のレビューをしています。最近は直営店舗の情報発信も。

公式LINE
BANSHAKUの新着記事が公開された瞬間にLINE通知がきます。他にも非公開情報の発信に使っているのでBANSHAKUマニアにおすすめ。

公式YouTube
なるべく3分間に動画が収まるように頑張っている簡単おつまみレシピ動画集です。

レビュー 2020.05.16
トップページ > すべての記事 > レビュー > 家飲み用燻製レシピ。〜燻製サーモンハラス編〜【簡単おつまみ#4】

\この記事をシェア/

interview職人インタビュー

columnコラム

reviewレビュー

BANSHAKUは株式会社threefeetが運営しております。

お仕事のご依頼、メディアへの出演依頼などはお問い合わせフォームからお願いいたします。

お問い合わせフォームへ