BANSHAKUオンラインショップはコチラから

チョークアーティストがデザインしたクラフトビール!? −クラフトビール初心者からマニアまで楽しめる”OCTAGON BREWING”のこだわりのビールとは

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

 静岡県浜松市にある、”OCTAGON BREWING”。ボトルビールのラベルは有名なチョークアーティストが手掛けており、個性的でインパクトのあるデザインのクラフトビールを提供されています。「クラフトビールを通して活気に満ちた地域の新しいコミュニティを造りたい」という想いで2018年にオープンした”OCTAGON BREWING”のヘッドブルワー千葉さんにお話を聞いてきました。

今回の登場人物

BANSHAKU編集部和田(以下、BANSHAKU和田)
好きなものはお酒とゴルフ。最近は毎日の晩酌を楽しくする
ために燻製作りに没頭中。ぬか床にもチャレンジしています。

OCTAGON BREWING 千葉さん
「ドイツのビール醸造学部を卒業し、現在はOctagon Brewingで醸造長として多種多様なビール醸造に携わっている。」

  1. 海外のビール文化を参考にし、地元の地域再生を目指したブルワリー
  2. ”OCTAGON BREWING”が追い求めるクラフトビールとは
  3. おすすめのビール&フードぺリングのご紹介

海外のビール文化を参考にし、地元の地域再生を目指したブルワリー

千葉さん本日はよろしくお願いします!まずはクラフトビール事業を起こされたきっかけを教えてください。

弊社は丸八不動産株式会社という不動産業をおこなっている会社になります。クラフトビールを造るきっかけとなったのは、弊社の代表である平野が友人と一緒に海外の田舎にあるブルーパブに行ったのが始まりです。

決して大きな街とは言えない場所だったにも関わらずクラフトビールを中心に街全体が多くの人たちで賑わっておりました。それを目にした平野が、「クラフトビールを通して地場の活性化に繋げて行けないか」と思ったのがビール事業を始めたきっかけでございます。

ビールには人を惹きつけるような魅力がありますよね。千葉さんがビールの造り手となったきっかけはどのようなことですか。

学生時代からビールが好きでよく飲んでいたのですが、当時はピルスナー系のビールしか飲む機会がありませんでした。そんなときに、ベルギースタイルのビールに出会い「世界にはこんなに美味しいビールがあるのか」と衝撃を受けました。

それから世界には様々なビアスタイルがあることを知ってビールの奥深さに引き込まれていきました。世界ではビールの多様性の文化が根付いているのに対し、日本では「とりあえずビール」という文化を変えたい、世の中の人にもっとビールの多様性を伝えたいと思ったのがきっかけです。

ビール造りはどのようにして学ばれたのですか。

ビール造りについてより深く理論的に学ぶため、修行を兼ねてドイツのミュンヘン工科大学ビール醸造工学部に入学しました。そこでは世界中の醸造家から刺激を受ける毎日でした。その甲斐もあって、現在ではOCTAGON BREWINGの醸造責任者として日々のビール造りに取り組んでおります。

▶︎ヘッドブルワー千葉さん

OCTAGON BREWINGが追い求めるクラフトビールとは

現在は何種類のビールを醸造されているのですか。

現在は定番として3種類のビールを造っております。限定商品なども合わせると年間で25種類程になります。弊社ではラベルにもこだわっており、CHALKBOY(ヨミ:チョークボーイ)というチョークアーティストの吉田幸平さんにデザインを依頼して作成していただいております。

とても個性的なデザインだと思っておりました。次にクラフトビール造りにおけるこだわりを教えてください。

OCTAGON BREWINGがこだわりを持って目指しているビールが『クリアなビール』です。ビール自体の本来の味を阻害してしまうような雑味などを出来る限り排除して、クリアなビールを造れるように日々努力しております。

▶︎醸造所内の様子

おすすめのビール&フードぺリングのご紹介

OCTAGON BREWINGさんおすすめのビールを教えてください。

弊社の最初の定番となった『ジューシーフルーツ』という商品です。こちらのビールはアメリカのオレゴン州ポートランドにあるカルミネーションブルーイングさんと共同で造った、浜松市のみかんの果汁を使用したフルーツセッションIPAになります。

浜松市を感じられるようなビールになっているのですね。

▶︎『ジューシーフルーツ』

2つ目は『ブレークアウェイIPA』というビールでこちらも定番商品になります。アメリカンホップを使用しており、フルーティーな香りがして飲みごたえもあり、副原料を使わずにクラフトビールの良さを存分に引き出したIPAになっております。初めてクラフトビールを飲む方にはおすすめです。

クラフトビールの良さを存分に楽しめて、飲むものに迷ったらブレークアウェイIPAを頼んだら間違いないのですね。

▶︎『ブレークアウェイIPA』

3つ目はジャスミンを使用した『ジャスミンエール』というハーブビールになります。モルトの甘味とジャスミンの華やかな香りが楽しめるビールです。

ジャスミンを使用したクラフトビールとても興味があります。千葉さんおすすめのフードペアリングはございますか。

▶︎『ジャスミンエール』

まず、ジューシーフルーツは魚介を使った料理とは非常に合いますね。バターとの相性もいいので白身魚のムニエルとのペアリングがおすすめです。

バターを使った料理との相性もいいのですね。

ブレークアウェイIPAは、ガッツリとしたお肉料理との相性が大変いいです。お肉に負けないくらいしっかりしたボディーになっているので、弊社で自家製のスモーク『スモークBBQ』というお肉料理とは合いますよ。

僕もIPAとお肉を合わせるのが大好きです。スモークBBQが美味しそうでお腹が減ってきました。

▶︎『スモークBBQ』

ジャスミンエールはチーズやナッツといった、簡単な軽食がおすすめですね。ビール自体の味わいを存分に楽しんでもらえると思います。

ジャスミンエールはビール単体でも十分に楽しめるビールですね。最後に今後チャレンジしていきたいことはございますか。

冒頭でもお話した『クリアなビール』をこれからも追求していきたいと思っております。地場の食材を使いながら地元を活性化していき、クラフトビールを知らない人にも知ってもらいたいです。

ありがとうございます。千葉さんのクラフトビールに対するこだわりや愛情を感じました。本日はありがとうございました。

編集後記

 OCTAGON BREWINGさんでは今年の5月20日からオンラインショップも開始されました。クラフトビールはもちろんTシャツなどのオリジナルグッズも販売されております。ぜひこの機会にご自宅でOCTAGON BREWINGさんのビールを試してみてはいかがでしょうか。

OCTAGON BREWINGについて

静岡県にある他のブルワリーは..

BANSHAKU編集部について

おすすめ記事

友だち追加