BANSHAKUオンラインショップはコチラから

この夏、気分が上がる&CHILLソングを兼ね合わせた聴いてほしい曲15選♪【2020年最新Vol.5】selected by BANSHAKU編集部

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、全国で外出自粛要請が行われています。 外出をして店舗にて購入される際には、予め最新の情報をご確認いただき、感染拡大の防止に充分ご配慮いただくようお願い申し上げます。

今回の登場人物

BANSHAKU編集部戸川(以下、BANSHAKU戸川)
編集部随一の音楽通。趣味は音楽とお酒、AirPodsとは親友であり渋谷のタワレコに頻繁に出没する。

こんにちは、BANSHAKU編集部の戸川です。暑い夏、みなさん待望のプレイリストを作りました。今回は気分が上がりかつ、CHILLも意識しており相反する感情どちらも味わえるプレイリストではないでしょうか。是非ご覧ください!

※前回と同様に本記事の最後にはApple Music用のプレイリストのリンクがあります!最後までご覧いただいた方へのプレゼントです。

前回好評だったプレイリストはこちらから。早速1曲ずつ紹介していきます!

Blue Vintage / 渚のハニー

2013年に結成しサーフミュージックが中心のBlue Vintage。レゲエやR&Bなども含めた楽曲も数多く手掛けていて、2020年5月6日には待望のNewアルバム”GOLD”を発表されています。Blue Vintageらしい今年の夏にピッタリの10曲になってるのでこれまた要チェックです!

Blue Vintageは、過去のBGMシリーズから2度目の登場で「どれだけ好きなんだ」と思われるかもしれませんが、最高に夏に合う曲をご紹介します。

1st E.P. ”IVORY”から1曲目に収録された”渚のハニー”になります。この曲は聴いた瞬間から暑い日のダルさを吹き飛ばしてくれるようなとてもパンチの効いた曲になっております。歌詞も「夏を待ってました!」と言わんばかりになっておりますので要チェックです!

Blue Vintageの曲が選ばれた他のプレイリストはこちら

DOBERMAN INFINITY / GA GA SUMMER

2014年に結成されたDOBERMAN INFINITYはこれまでの自分達名義となる作品をシングル5枚・ミニ・アルバム5枚合計10枚の作品全てが週間TOP10内にランクインする人気アーティストです。THE・漢というような印象でLDHとしても唯一無二の存在になっております。

メンバーそれぞれが作詞してたり常にファンを楽しませているDOBERMAN INFINITYからは2016年発売の4th Single”GA GA SUMMER”になります。

この曲もぶち上げソングになっておりまして4人のMCはかっこいい仕上りでサビで、vocal KAZUKIが爽やかに歌われていて気分が最高潮に上がる1曲となってます!ラップはちょっと…という人にも是非聴いてほしいです!

Full Of Harmony / PARTY TIME

1997年にHIRO,ARATA,YUTAKAの3人でFull Of Harmonyとしてグループ結成し1999年、F.O.Hとして「BABY」でインディーズ・デビュー。本格派R&B男性グループとして日本のR&Bという音楽を広げたアーティストでR&Bが好きな人は1度は聴いたことがあるのではないでしょうか。デビューから多くの楽曲を出しているので1からチェックするのもおすすめです!

R&B先駆けのFull Of Harmonyから2005年に発売されたシングル“PARTY TIME”を選曲します。Chillい感じかなと思う始まりなのですがそこからサビに向かうにつれてどんどん気分が上がってく、そんな1曲でパーティー中に聴いたら間違いなしの曲です。

COLOR(現:DEEP) / Summer time cruisin

現在は3名で活動中ですが、元々はEXILEのATSUSHIがメンバーを集めて始まったプロジェクト。TAKAを中心とされたYUICHIRO、KEISEIが今のメンバーです。2018年12月末まではRYOがいましたが芸能界を引退され、今はDEEPとして3人で活動されています。

COROR時代、初代メンバーが2005年8月に発売した3枚目のシングル”Summer time cruisin”を選曲しました。歌っているのは初期メンバーのATSUSHIなどです。「これぞ夏!」という曲になっていて、ATSUSHIの甘い恋心を描いた名曲になっております。是非、夏の始まりとともに聴いてみてください!

ゆず / 向日葵ガ咲ク時

ストリート(路上ライブ)出身で男性2人組フォークデュオの第一人者。学生時代から活動されている北川悠仁と岩沢厚治がメンバーです。

今回で2度目の登場、ゆずらしいリズムで作られた1曲をご紹介いたします。

2000年7月に発売された3枚目のミニアルバム”ゆずマンの夏”から、2曲目に収録された”向日葵ガ咲ク時”です。

北川悠仁が作詞、作曲を手掛けている曲の中でも遊び心がありながら、夏全開の歌謡曲に仕上がっております!この夏、ゆずの曲でも”向日葵ガ咲ク時”を是非聴いてみてください!!

ゆずの曲が選ばれた他のプレイリストはこちら

chay / 真夏の惑星

2013年10月に恋愛番組テラスハウスに出演していたことは有名な話ですが、デビューまでの道のりは厳しくオーディションに落ちる日々でした。音楽塾ヴォイス東京校に入塾し、レッスンを5年休まず路上ライブも続けて見事2011年1月にトップコートと契約を結ぶことができました。

2017年6月に発売されたアルバム“chayTEA”より2曲目に収録された“真夏の惑星”になります。爽やかでポップな曲で、真夏にピッタリ!

Saucy Dog / スタンド・バイ・ミー

2013年から音楽活動をしていましたが2015年に前メンバーが脱退し、ボーカル石原慎也1人となります。2016年4月に秋澤和貴、同年8月にせとゆいかの2人が加入し現在は男女3人組で活動をしています。ボーカルの石原慎也の甘い歌声は癒されること間違いなしなので、これからが楽しみなバンドです。

saucy dogからは2019年10月に発売されたミニアルバム”ブルーピリオド”3曲目に収録された“スタンド・バイ・ミー”になります。

優しいバンドメロディーなのですが、歌詞自体は前向きな曲になっている夏うたです。とにかく一度聴いてみてください!

Official髭男dism / Driver

2012年結成で「髭が似合う歳になってもバンドを続けていきたい」という想いがバンド名に付けられています。メジャーデビュー曲がドラマの主題歌になったことがきっかけで注目を集めたグループです。

今回、選曲した楽曲は1枚目のフルアルバム”エスカパレード”に収録された”Driver”になります。どこかへ出かける状況を歌詞で表現していて、アップテンポに進んでいく楽曲になっているので是非聴いてみてください!

Rickie-G / いとしのエリー

2007年にRIDDIM ZONEよりデビューしたRickie-Gはアコースティックを基調とした暖かいサウンドと伸びやかな歌声でジャンル問わず注目を集めています。2009年にはAmazon予約チャートでレゲエ部門1位を獲得するなど人気レゲエシンガーの1人です。

有名アーティスト達とのコラボ曲”MIROKU”でも話題になっておりますが、今回ご紹介するのは2015年に発売された”Follow Your Heart E.P.”の2曲目に収録されたカバー曲”いとしのエリー”です。

サザンオールスターズのカバー曲にであり、聴いたことがある方がたくさんいる曲だと思いますが、レゲエ調で見事にアレンジされていて夕日を見ながら聴いて欲しい1曲です。

wacci / 夏休み

2009年にボーカル兼ギターの橋口洋平さんが中心になって結成されたバンドです。「泣いたあとにちょっと笑えるような、笑ったあとはもっと笑えるような歌を届けます。」という言葉通りに失恋ソングや笑顔になれるような楽曲が多いのが特徴です。

2度目の登場となるwacciからは2013年7月に発売されたシングル曲”夏休み”になります。

夏休みというタイトルですが夏の終わりを感じさせてくれるような、とてもゆったりとした曲調です。是非、聴いてください!

wacciの曲が選ばれた他のプレイリストはこちら

SHISHAMO / 君と夏フェス

2010年春に神奈川県川崎総合科学高等学校デザイン科軽音楽部で柳葉魚を結成しバンド活動がスタートしたSHISHAMOです。高校時代からバンド活動を続けて2013年11月にデビューアルバム”SHISHAMO”をリリースしました。

SHISHAMOからは2014年7月に発売されたシングル”君と夏フェス”になります。

この曲は気分が上がる&応援ソングそんな印象の曲になってi
ます。甘酸っぱい恋愛を描いた歌詞は「夏が終わってほしくない」と思ってしまう曲ですね。

The New Classics / 渇かないナミダ

作曲、作詞ともに3人の共作で音楽性が共存しているところが魅力です。メロウな歌声と情熱を秘めたクールなラップが共存するThe New Classicsのスタイルです。

The New Classicsからは2009年7月に発売されたアルバム”STORY”14曲目に収録された”渇かないナミダ”になります。

メンバー3人のメロウな歌声で歌われた切ないラブソングで夏の終わりと共に聴いてほしい1曲です。

BASI & THE BASIC BAND / ANATAGAITANATSU

1998年に韻シストの活動開始し、結成は22年目に突入しています。”BASI & THE BASIC BAND”名義として2018年に「Rainy EP」をリリースし、同年10月に7インチ「愛のままに feat.唾奇 / 星を見上げる」を発売しました。2019年6月に約2年振りとなる6枚目のフル・アルバム「切愛」をリリースし話題となっています。

”BASI & THE BASIC BAND”からは2017年に発売された5枚目のソロ名義アルバム”RAINY EP”Bの2曲目に収録された”ANATAGAITANATSU”になります。

この曲はスローテンポとアップテンポのラップが絶妙になっている1曲です。

スキマスイッチ / 小さな手

2人とも愛知県出身で1999年に大橋が自分の曲のアレンジを常田に依頼したのがきっかけとなってスキマスイッチが結成されました。2001年から新宿・渋谷を拠点に本格的なLIVE活動を開始し、2003年7月にメジャーデビューをして以来、ヒット曲連発で国民的アーティストに駆け上がっていきました。

スキマスイッチからはデビュー1枚目のシングル”view”のSIDE Bに収録された”小さな手”になります。

常田の心地よいピアノがゆっくり始まり大橋の歌声で包み込むエモい1曲になっていて、お出かけした帰り道などに聴いてほしいです!

平井大 / See you at the ocean

ギターとサーフィンが趣味の父の影響で幼少の頃より海に親しみ、3歳の時に祖母から貰ったウクレレがきっかけで音楽に興味を持ちました。印象的な耳に残る優しい歌声と歌詞、キャッチーなメロディーラインは聴く人の気持ちを癒し、穏やかにしてくれるシンガーです。2013年7月メジャーデビューして以来、夏といえば平井大は欠かせない存在となっております。

平井大からは2016年6月に発売されたシングル”See you at the ocean”です。このプレイリストの終わりにも相応しいぐらい優しい雰囲気の曲で、今年の夏はこの曲で締めくくるそんな形で聴いてほしいです。

まとめ

『この夏、気分が上がる&CHILLソングを兼ね合わせた聴いてほしい曲15選♪』はいかがでしたでしょうか。お盆は過ぎましたが残暑残る今日この頃。音楽でリフレッシュしてみてくださいね!

BANSHAKUについて

  • threefeet Tokyo
    『持ち帰り専門』のクラフトビール屋さん【明治神宮前駅から徒歩6分】80種類以上の日本の珍しいクラフトビールを購入することができ、きっとあなたがまだ出会ったことがないクラフトビールとの出会いのきっかけになります【最安351円/本(税込)〜】
  • 公式Instagram
    BANSHAKU編集部による今日の晩酌投稿だけではなく、フォロワーさんの晩酌投稿のレビューをしています。最近は直営店舗の情報発信も。
  • 公式Twitter
    BANSHAKUの新着記事情報だけではなく、新発売のお酒やおつまみ、イベント情報など時事ネタが多め。
  • 公式LINE
    BANSHAKUの新着記事が公開された瞬間にLINE通知がきます。他にも非公開情報の発信に使っているのでBANSHAKUマニアにおすすめ。
  • 公式YouTube
    なるべく3分間に動画が収まるように頑張っている簡単おつまみレシピ動画集です。

コラム

おすすめ記事

友だち追加